意思決定の早さ

仕事にスピードが求められる

成果主義の企業で働きたい場合や外国人と一緒に仕事がしたい場合は外資系転職をおすすめします。成果によって実力があることを証明できれば、短期間で昇進や昇格を果たして高収入を得られる可能性があります。また、外国人と仕事をするので語学力に自信がある人は力を発揮しやすいでしょう。外資系転職を行う前に理解しておきたいのは、仕事にスピードが求められることです。正確性が大事なのは当然ですが、素早くこなすことは重要です。提案が短時間で判断されるのは珍しくないことから、しっかりと先を見据えて計画を練り、アプローチすべきです。意思決定の早さに最初は戸惑うことはあるでしょうが、事前に理解しておけば早めに対応できるようになります。

意思決定の早さをアピールしましょう

外資系転職を実現させるには意思決定の早さをアピールすることが大切です。これまで担当してきた仕事の中で素早い意思決定が求められた出来事や成功するまでに行ったこと、考え方などを選考の中でアピールしていきます。具体的な例を提示して説明することで評価されるようになりますし、面接官や人事担当者を納得させることができます。すぐに見つからない場合はこれまでの経歴を丁寧に振り返る作業を行うべきです。入社してから担当してきた仕事を1つ1つ掘り下げると、当時の仕事について思い出せますし、効果的なエピソードが見つかるチャンスがあります。意思決定の早さを履歴書や職務経歴書、面接にてしっかりとアピールできれば、外資系転職の実現に大きく近づけます。