効率的に仕事をすることが重要

外資系企業において残業は美徳ではない

日本では、残業をすることは自分の仕事に責任をもつことだという、美徳のような見られ方をする傾向にあります。しかし、外資系企業においては考え方が全く異なります。残業は、業務時間に自分の仕事を終えられなかった人がするもの、つまり効率的に仕事を進められない人がするものだという考えです。残業によって、仕事ができない人というレッテルを貼られてしまう可能性があるということなのです。

日本の感覚と全く異なるので驚くかもしれませんが、外資系企業で評価されるためには、残業をしなくてすむような効率的な働き方をしなければなりません。なお、周りが皆残業していてなかなか自分から帰りづらい…という状況にならないため、働きやすいと感じる方もいるでしょう。

効率化することで外資系の特色を活かせる

基本的な勤務時間内に仕事を進めれば、外資系企業はそれ以外の従業員個人のことには非常に寛容です。例えば定時ジャストで帰っても誰も咎めたりしません。残業や休日出勤を促されることもなし。休暇は仕事に影響しない範囲なら、いつどのようなタイミングでとるのも本人の自由です。勤務時間とプライベートな時間をしっかりと分けられるのは、外資系の特色の1つです。外資系に勤める多くの人は、仕事は生活の1部に過ぎないと考えています。生活のほかのことを犠牲にしてまで仕事に自分を捧げるのはナンセンスであり、仕事以外の部分も含めて生活を充実させることに力を注いでいます。仕事仕事で自分の時間がなかなかもてなかった人にとっては、理想的な生活だと感じられるかもしれませんね。このような外資系企業の特色は、業務を効率化させてこそ活きてきます。