求められる英語力の程度

人と接する場面が多い職種はビジネス英会話のスキルが必要となる

外資系転職において、営業職や総合職など社内外で人と接する場面が多い職種は、ビジネス英会話のスキルが求められる傾向があります。特に、社内に外国籍の従業員数が多いところや、入社後すぐに海外転勤の可能性が高いところに転職を希望する際は、入社試験までにスムーズに英語で様々な事項についてコミュニケーションが取れるよう訓練をすることがおすすめです。最近では、求職者のビジネス英語のスキルを見極めるため、中途採用試験で数回の英語面接を実施したり、英語で履歴書や職務経歴書の提出を義務付けたりしている会社の数も増えています。そこで、ビジネス英語が苦手な人は、仕事の合間を縫って最低限の文法や使用頻度の多い会話のフレーズを押さえておくと良いでしょう。

専門職は英語力があまり問われないこともある

外資系企業で働く情報通信や医療、製薬などの専門職の社員は、仕事上で英語力があまり問われないため、本来の業務に集中して取り組みたい人に向いています。また、優秀な人材は業界大手の外資系企業に転職をした後に、海外出張の際に通訳のスタッフを手配してもらえたり、マンツーマンで語学研修を受けられたりすることもあります。専門職の英語力の必要性については、それぞれの企業の事業内容や、社員数などにも大きく左右されるため、転職先を決めるうえで余裕を持って主要企業の求人情報を確認することが大事です。その他、専門職のエリア限定の社員については、海外転勤の機会がほとんどないため、極力英語を使わずに仕事を続けることが可能です。